ドコモの新金融サービス「ドコモレンディングプラットフォーム」とは?

携帯電話会社のドコモが新しい金融サービスを提供するそうです。

その名も「ドコモレンディングプラットフォーム」、このサービスで将来の借入は革新的に進化します。

「ドコモレンディングプラットフォーム」とは何か、さらにはレンディングマネージャーと共に解説していきましょう。

・19年3月開始、「ドコモレンディングプラットフォーム」とは

「ドコモレンディングプラットフォーム」とは、ドコモの持つビッグデータを利用して、効率的に金融機関と連携し審査等のカードローンサービスを提供していく仕組みを言います。

ビッグデータを解析し、そのデータを金融機関に提供することにより、顧客はスピーディーに、かつリーズナブルな金利でカードローン審査に通ることが可能になるのです。

・レンディングマネージャーとは

レンディングマネージャーとは、ドコモレンディングプラットフォームの中で提供されるアプリケーションを言います。

レンディングマネージャーによって家計の状況を分析し、無理のない返済計画を導き出す事が可能です。

AIでの審査、アドバイスが提供され、より高度な借入が可能になります。

・借入は未来に

今までの借入は、自分で業者を探して申し込み、画一的な審査を行なっていました。

これからはドコモのようなプラットフォームから申し込み、ビッグデータをそのまま利用して個々人で審査内容や結果が変わっていく時代になるようです。

借入の新しい未来、ちょっと楽しみになりそうですね。

「ドコモレンディングプラットフォーム」とドコモレンティングマネージャー、提供開始は19年3月です。

ドコモユーザーでお金を借りる予定ができた人は、試しに利用してみてください。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ