リボ払い残高があるとカードローンの審査は不利になる?

クレジットカードやキャッシングなどの返済方法のひとつであるリボ払いですが、その仕組みについてよくわからないという方は意外と多いようです。

支払いが楽に思える反面、実は知らないと損をするというリボ払いの仕組みについて紹介しますが、その中のひとつ。

リボ払いの残高があるとカードローン審査に影響を及ぼすのかどうかを紹介します。

リボ払い残高でのカードローン審査が不利になるのかについて解説します。

・基本的にはリボ払い残高があってもオーケー

リボ払い残高があっても、カードローン審査に大きな影響を与えません。

リボ払い残高は、通常のクレジットカードのショッピングと同じ扱いとされる為、リボ払い残高が大きいからと言ってそれだけで審査が不利になる訳ではありません。

通常の範囲内のリボ払い残高なら、特に不利にはならないでしょう。

・浪費癖が確認できるようなら不利

通常の利用を超える過大な買い物をして、リボ払い残高が膨れ上がっているようなら、その部分も加味されますのでカードローン審査に不利な影響を与える事があります。

クレジットカードのリボ払い残高で、借金じゃないと油断して浪費を続けるのは控えた方がいいでしょう。

・リボ払い残高は知らないうちにたまる為注意

リボ払い残高は毎月の支払額が一定になる為、残高が膨れ上がっているのが把握しにくくなっています。

常にリボ払いに設定している人は非常に危険です。

出来る限り、一括払いにするように生活を改めてください。

ショッピングのリボ払いでも、キャッシングの借入でも過大な残高は審査に不利に働きます。

返済も大変になりますので、自制しつつ利用するようにして下さい。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ