ブラックリスト事故情報の履歴が早く消えないかなと考えていませんか。

ブラックリストの履歴がクリアになる期間について解説します。

・ブラックリスト事故情報がクリアになるのは5年若しくは10年

ブラックリスト事故情報は信用情報機関に記録されています。

日本の信用情報機関は3社あり、クレジットカード会社、消費者金融、銀行によって加入している信用情報機関や数が異なります。

クレジットカード会社やキャッシング業者が使う信用情報機関には5年間ブラックリスト事故情報が残っていると理解するといいでしょう。

銀行が使う信用情報機関には10年間残っています。

完全にクリアになるのは10年後と考えるといいでしょう。

・ブラックリスト事故情報があるから100パーセント審査落ちする訳ではない

一般的にブラックリスト事故情報があると審査に全て落ちそうな印象がありますが、必ずしもそうではありません。

中小消費者金融は顧客が少ないので、ブラックリスト事故情報を把握した上でリスクを承知で融資をしてくれる場合があります。

銀行カードローンの一部は審査を保証会社に完全に任せている所もあるので、5年過ぎた後は審査に通過することもあります。

審査に通過しそうな金融機関に申し込んでみるといいでしょう。

ブラックリストは一度記録されると中々クリアされません。

常日頃から延滞などしない様に気をつけて下さい。

このページの先頭へ