債務整理をしたら次に借り入れ可能になる迄の期間はどれくらい?

債務整理をした人がブラックリストに載るというのは一度は聞いたことがあるのではないかと思います。

債務整理をした人が次に借り入れ可能になる期間について解説します(なお、ここでいう債務整理には、完済済みの債務への過払金請求は含みません。)

・債務整理情報は信用情報機関によって情報保存期間が違う

債務整理を行なった情報は借入先金融機関を通して信用情報機関に記録されます。

信用情報機関にはCIC、JICC、KSCの3社が存在します。

債務整理情報は永遠に記録され続けるのではなく、CIC、JICCであれば5年、KSCであれば10年間保存されます。

クレジットカードやキャッシングを申し込む際、金融機関は信用情報機関を見ますので、該当する信用情報機関を確認する金融機関の審査には通らなくなります。

・それぞれの金融機関が債務整理情報を見るのに使っている信用情報機関は?

金融機関全てが3社全ての信用情報機関を使って債務整理情報を得ているわけではありません。

クレジットカード会社はCIC、JICCの2社、アコム、プロミスなどの大手消費者金融ではCIC、JICCの2社を使っていますが、中小消費者金融の中にはJICC 1社という所もあります。

一方で銀行カードローンサービスを作っている銀行はCIC、JICC、KSCの3社の会員になっています。

つまり、債務整理後、消費者金融キャッシングやクレジットカードは5年後には作れますが、銀行カードローンはKSCの情報を見られて10年間審査に通らない事があると理解するといいでしょう。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ