生活保護受給中でもカードローンでお金を借りれる?

生活保護中の人の中には、カードローンで急場をしのぎたいと言ったニーズは根強い苦あると思います。

生活保護中にカードローンでお金を借りる事が可能かについて解説します。

・基本的に生活保護中のカードローンは無理

生活保護中のカードローンによる借金には2つの問題が立ちはだかります。

一つ目はカードローンの審査に通る為に安定した収入が必要な事です。

生活保護の収入を安定的な収入とみなしてくれるカードローンは存在しないといっても過言ではない為、この部分で審査落ちになるでしょう。

もう一つは、借金はケースワーカーが収入とみなす可能性が高い点です。

収入を申告していないと、生活保護の受給要件を満たさないとして生活保護を止められる可能性があります。

お金を借りる事ができても生活保護の収入が途絶えるのであれば意味がありません。

・闇金からなら生活保護中に借りることができるが、基本的にはあきらめる

闇金は法律違反の上で成り立っている為、カードローンの様な規制はなく、生活保護者でも借入が可能です。

しかし、闇金の金利は異常に高く、生活保護の資金での返済は絶望的に無理であり、慢性的な借金地獄に陥ってしまうでしょう。

闇金からの借金が市役所にバレても同じように生活保護の需給は止められます。

闇金からの借金も生活保護中は行わない方がいいでしょう。

生活保護中はカードローン、闇金共に借金を行わない方が無難と言えます。

国からの保護を受けている事で、仕事をしなくても生活はできるようになっていますが、その代わりキャッシングやクレジットカードなど通常のことができなくなっていることは事実です。

どうしても借りなければいけないときは、社会福祉協議会など公的な支援金から借入を行うようにして下さい。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ