今やネットショッピングや海外旅行などに欠かせないクレジットカードですが、社会人なのに未だ所有していないという方は審査に不安を感じてのお申し込みを躊躇してきたのではないでしょうか。

ではクレジットカードでの審査はどんな基準で行っているのでしょうか。

実はいくつもあるクレジットカード会社の審査基準は統一されているわけではありませんが、クレジットカードを発行する会社ごとにお申し込みの際の評価する項目を独自に設けていますので、それぞれの会社によって審査の難易度が異なるという事になります。

そのクレジットカードの審査で基準となるのが3つの「C」です。スコアリングシステムでの基準となります。その3Cはアルファベットの頭文字をとったもので、それぞれ「character」「capacity」「capital」になります。

・「character」とはキャラクターです。

これは申し込みされたお客様の個人情報であり人物像まで掘り下げたデータになります。

クレジットカードの利用で重要なのは毎月の支払いの状況になります。そこに性格が表れます。真面目に支払いを継続できる方なのか、それとも支払いが度々遅れてしまうことが多いのか。

この情報に全く問題がなければ審査に有利になります。

しかし、この性格の部分は過去のデーターでしか判断できません。過去にクレジットカードだけでなく消費者金融や銀行のローンなど、毎月の返済状況を調べる以外ないので過去にクレジットカードや金融業者を一切利用したことがない方の場合は、その「character」のデータがない状態になります。

クレジットカードヒストリー、いわゆるクレヒスというものですが、情報が無いということはデーターが真っ白という事になります。

・「capacity」次にキャパシティでは何を判断されるのでしょうか?

返済力と捉えるのが良いですが、主に職業・勤務先の情報になります。判断されるのは雇用形態であり年収や勤続年数などの情報で判断されます。

審査において職業で判断されるのは、安定した収入というのが女権となります。

・「capital」キャピタルといって資産や財力を意味します。

クレジットカードの審査で賃貸か持ち家かを問われたことはありませんか?または居住年数も。さらには家族構成も。

資産価値を判断材料とされるのがこのキャピタルとなります。

これら3つの「C」の要素に問題がなければ無事にクレジットカード審査の通過という流れになります。こういった信用情報は信用情報機関を利用されるケースが多くなります。

このページの先頭へ