カードローンの審査での具体的な内容は利用者には知らせることはありません。

基本的には「信用情報」と「返済能力」の確認の二つに分かれます。

信用情報については、「信用情報機関」に問い合わせて照合し確認しますが、返済能力はその本人の様々な情報をもとに算出します。

その返済能力を確認する際に勤めている会社の規模や従業員の人数、また会社に勤めている年数なども確認します。

とはいってもそこまで厳しくはなく、 会社の規模を確認する程度で会社の経営状況などを確認することはまずありません。

そもそも基本的にカードローンは個人に対して貸し付けるものです。ですから求められるのは個人の返済能力です。

その一環として利用者が勤めている会社や、利用者の職業なども確認しますが、それよりも重要視されるのは収入であったり本人の資産などです 。

具体的な例としては本人の年収、また職業の安定性や持ち家の有無などのことです。

どのような点を確認するかは会社によって違う上に、それは公開されていないので具体的にどの程度まで確認するかはわかりません。

そうは言っても多くの部分はほとんどの会社で同じであると考えられます。

その中の1点として、返済能力の確認として企業の信用度や規模なども確認するということは多くの人が予想していることなっています。

とはいってもどこまで重要視されるかというのは企業によって全く変わるので、実際のところは申し込んでみて審査結果を聞くまではわからない部分が大きいです。

このページの先頭へ