就職したばかりでもカードローンで借入できるの?

就職したばかり、新卒でも転職でも新生活にかかる費用は多くなります。

そんな時カードローンで借入ができればいいのですが、カードローンは就職したばかりでも借入できるのでしょうか。

就職したばかりのカードローン借入について解説していきます。

・転職で就職したばかりなら可能

転職をするとカードローンの審査での勤続年数は最低ポイントになります。

ただし、カードローン審査は勤続年数だけでなく、年収、借入先件数など総合的に判断します。

転職したばかりならある程度の年収はあるでしょうから、他の項目で勤続年数の短さをカバーできれば審査通過する可能性は充分にあります。

・新卒で就職したばかりでも可能

新卒で就職したばかりでも、勤続年数は短いものになります。

ただ、審査の甘いところでしたらみなしの年収で評価してくれ、借入先件数が無ければ審査通過させてくれる所はあるでしょう。

審査の甘い消費者金融に申し込むと良い結果が出ることこがあります。

・就職して間もない場合の審査通過ポイント

就職したばかり、転職でも新卒でも収入証明書が用意できません。

収入証明書は今の会社から発行されなければ、今後の収入を証明するものにならないからです。

借入希望額を50万円以上にすると収入証明書が必要になるので、借入希望額は少なめに申し込むのが就職したばかりの審査通過のポイントになります。

就職したばかりでも借り入れ可能金額は少ないと想定されますが、審査に通過する可能性は充分にあります。

審査の甘い、勤続年数をあまり気にしないカードローンに申し込んでください。アコムやプロミスは新卒でも借り入れできる可能性が高い金融として人気です。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ