手形貸付とは?メリット・デメリットや申し込み方法

知る人ぞ知る事業資金の借り入れ方法として手形貸付という方法が存在します。

手形貸付の特徴と、メリット・デメリットについて解説します。

・手形貸付って何?

手形貸付とは商売をしている人が約束手形を振り出してお金を借りる仕組みです。

約束手形は振り出した会社によって信用度が異なり、割引率が異なります。

銀行やノンバンクからお金を借りることができ、事業資金の借り方としてはわりかしポピュラーな制度です。

・手形貸付のメリット

手形貸付は短期資金の借り入れ方法になりますので、
審査が早い
金利は安い
一括払いや分割払いが選択可能で融通がきく
といったメリットがあります。

銀行からの借り入れであれば世間体も影響しないのが手形貸し付けの特徴です。

・手形貸付のデメリット

手形貸付は企業が降り出すものですから、降り出す企業に高い信用力が必要です。

倒産寸前の企業の約束手形は信用力がありませんから手形貸付はあまり利用できません。

その他にも、
融資額は小さい
長期資金の借入には向かない
2度不渡りを起こすと銀行取引停止、実質倒産
といったデメリットも存在します。

銀行が手形貸付で融資をしなくなったから、ノンバンクで割り引いてもらうと会社に倒産懸念の噂が流れる事も。

手形貸付は便利な制度ですが、限度を守るようにして下さい。

手形貸付は事業資金の借入には便利です。

短期的な繋ぎ資金が必要な人は、是非この便利な手形貸付を試してみてください。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ