転職したばかりでもカードローン審査は通る?

消費者金融にもよりますが、転職したばかりであっても申し込めるカードローンは沢山ありますし、審査に問題なく通る事も多いでしょう。

ただし転職する事によってカードローン審査に一切影響がないかどうかとは100%言い切れないのでここで解説していきます。

 

・基本的に収入証明があればOK

アコムやプロミス、モビット等の大手消費者金融は「転職をしていても現在収入があるなら申し込む事ができる」というスタンスを取っています。

条件として厳しい金融の中には収入証明として提出できる給与明細をもらえるという事で二か月程度を条件としている会社もありますし、総量規制などで収入証明の提出が必要になるので申込みに制限がなくてもある程度期間を置く必要がある場合もあります。

 

・審査への影響はわからない

カードローンの審査ではそもそも入社年月日まで聞かれないことも多いですし、審査内容は原則非公開なので転職したばかりだと影響があるのかというのは一概に言えません。自己申告という範囲での審査かもしれません。

一般論として「長い間入社している人物のほうが審査の際に有利」とすることが多いのですが、前職よりも大企業に勤め給与や保証が上がったという事も十分あり得ますし、判断は総合的な視点から行われるのでどの程度影響があるかはわからないというのが正直な所です。

 

・利用中に転職をしたら連絡を

もし現在利用中だけど転職をした、もしくは失業をしたという場合は早めに連絡を行うようにしましょう。

一般的に転職をしたというだけで契約が止まることはありませんが、転職の結果年収が下がったといった場合は契約更新や新規借り入れの際に行われる審査で限度額が落とされることがあります。また、正社員だったけど派遣や契約社員あるいはアルバイトに変わったという場合でも安定性や収入が減る場合もあるので、そういった際にも限度額が落とされる事もありますので要注意です。

あとはアルバイトを転々としているようなフリーターの場合はいくら収入があるといっても非常に不安定なのでカードローン審査に落ちる人もいます。なるべく職場を変えずにいるほうが審査には通りやすいでしょう。

上記にも記載したように、入社日は関係ありませんので、今現在きちんと収入があり、今後も今の会社での仕事が安定しそうであればカードローン審査は問題なく通る方も多いので、それほど気にする必要ありません。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ