転職するとその後、カードローンの利用限度額が下がるって事実?

転職をした場合、カードローンの利用限度額が下がるという噂があります。

転職時のカードローン利用限度額について解説します。

・転職後は再審査

審査を受ける時、年収、勤続年数、勤務先を申告したと思います。

この年収、勤続年数、勤務先は転職をしたことによって、全て一度リセットされます。

年収や勤務先の安定度が良くなったり、悪くなったりは転職の成功度合によってマチマチでしょうが、勤続年数は1年未満になると思います。

新しい情報をもって、スコアリング審査から始めますので、審査の結果によっては限度額が下がる事はありえ ます。

・全ての転職で限度額が下がることは無い

転職によって限度額が下がるかどうかはケースバイケースになります。

転職によって、年収や企業の安定度が上がった場合、そのまま維持されるでしょう。

一時的に無職になってしまった場合は下がる事が多くなります。

下がった場合でも、追加の借入が出来なくなるだけで契約自体はすぐには無くなりません。

最もまずいのは転職で限度額が下がるのを嫌がり、転職した事実を知らせない事です。

転職をしたらどの様な結果に陥ろうとも、必ず知らせるようにしましょう。

転職をした場合は審査を再度受けなおすことになります。

同じ結果が出るとは限りませんが、転職をした事実を隠すとカードローン規約に違反したことになりかねません。

転職をしたら、早めに金融機関に変更届を出すようにして下さい。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ