カードローンの審査の申し込みを途中でキャンセルしたいことがあると思います。

はじめて金融機関でお金を借りること自体、悩みに悩んで申し込みをしたと思います。途中でやめたくなる気持ちは誰にでもあるのではないでしょうか。

カードローン審査の申し込みを途中でキャンセルする場合について解説します。

・キャンセルしたいと思ったら、すぐに連絡

カードローン審査のスピードはどんどん速くなっていますので、気が付いたら審査が終了していることがあります。

キャンセルをしなければいけないとわかったのであれば、直ぐにコールセンターにキャンセルしたいとの連絡をするようにして下さい。

仮審査が終わった時点であれば、キャンセルは容易にできる可能性があります。

・本審査が終わった後のキャンセルは出来ない

問題なのは本審査が終わった後にキャンセルしたい場合です。

本審査が終わったという事は、信用情報機関のチェックも終わっており、既にカードは発行された状態になっています。

この状態になっている場合は社内記録を残す必要がある為、キャンセルは出来なくなります。

・キャンセル不可なら解約を

審査を通過して契約となった場合、借入可能な限度額を提示されます。その時点での申し込みキャンセルというのは既に手遅れです。

キャンセルが無理なのであれば、カードローンを解約すると言った方法になってきます。

解約を行えば信用情報機関に記録されている限度額も消滅するので、元の状態に近い形に戻ります。

信用情報を汚したくないという理由でギリギリにキャンセルが希望なのであれば、解約を行う事で、信用情報には申し込みの事実だけが残り、借金をしていることにはならないので、新規に行う銀行での住宅ローン等には影響ないでしょう。

ただ、金融機関側からは冷やかしの様にとらえられることもありますので、キャンセルをするのであればよく考えて最初から申し込まない方がいいでしょう。

キャンセルは金融機関側にそれなりの負担がかかります。

借り入れせずにすぐに解約すれば履歴は残らないものの、やはり申込みの前に本当に必要か良く考えてからしましょう。

どうしても消費者金融での借り入れに不安が拭えない場合お手持ちのクレジットカードのキャッシングやカードローン枠を利用する、あるいは利用申請するといった方法もありますね。

このページの先頭へ