カードローンの約定返済で最低金額は利用者が気になるところだと思います。

カードローンの約定返済時の最低金額がいくらになるか、解説していきます。

・アコムの最低返済金額

アコムの返済金額は以下のような残高に応じてスライドする方式をとっています。

30万円以下の場合 借入残高の4.2%以上

30万円超、100万円以下の場合 借入残高の3.0%以上

100万円超の場合 借入金額の3.0%以上?1.5%以上で選択

30万円の借りいれを行っている場合、借入残高の4.2%を返済しなければいけないので、最低返済金額は12,600円になります。

100万円の場合は3.0%ですので、最低返済金額は30,000円です。

返済が進み、借入残高が少なくなるほど段々と最低返済額も下がっていきます。

・殆どの会社が残高スライド方式

今のキャッシング、銀行カードローンの殆どがこの残高スライド方式を採用しており、残高に応じて返済金額がスライドしていく方式をとっています。

リボ払い方式の亜種となる残高スライド方式ですが、問題点も多く指摘されています。

一つ目は残高が減るごとに返済額が減ると、返済期間が長期化してしまう事です。

残高スライド方式は繰り上げ返済をしなければ、返済期間が長期化し、その分支払利息は膨らんでしまいます。

二つ目は最低返済金額が設定されている為、気が付かないうちに借り過ぎになってしまう点です。そうなってしまうといつまで経っても返済が完了しません。

銀行カードローンを中心に最低返済金額の問題は多く指摘されており、今後自主規制で改善されるまで問題が大きくなる可能性があります。

最低返済金額を支払っていても、完済には中々近づけません。いつまで経っても返済が続いてしまうのは精神的にもよくありません。

繰り上げ返済をするなどして、なるべく早く完済を行うように心がけましょう。

このページの先頭へ