審査が難関とされるカードローンですが、この審査は通過した後は変わることはないとおもっていませんか?

カードローンの審査には定期的に見直しが入ります。

カードローンの定期的な審査と途上与信について解説します。

・残高スライド方式と途上与信

銀行が提供しているカードローンは残高スライド方式が主流です。

残高スライド方式とは24回払いという様な具体的な返済期限を定めず、月々の最低支払額以上に返済したらオッケーといったアバウトな契約になっています。

銀行カードローンは貴方に与信を与えていますが、残高スライド方式は具体的な返済期限を定めていませんので、定期的に与信の見直しを行い、この見直しを「途上与信」と呼んだりします。

・カードローン、途上与信では何をするの?

カードローンの途上与信では、貴方の情報を再審査します。

一番重要なのは信用情報機関の再チェックです。

もし、貴方が銀行カードローンの審査に通過した後消費者金融から多くの借金をしていると信用情報機関を通してその情報が把握されます。

定期見直しの結果、枠の縮小を行うなどの判断に動かれる場合があるわけです。

・どの位の頻度で定期見直しをするの?

銀行カードローンがどの位の頻度で定期見直しを行なっているかは、各銀行によって違います。

消費者金融の場合、金融庁との意見交換の場で『3ヶ月に1回程度が望ましい』との見解がなされているので、大手消費者金融アコムやプロミスなどは3ヶ月に1回程度見直しを行なっている様です。

銀行カードローンはその様な決まりはありませんが、消費者金融と同様に概ね3か月から1年に一回見直していると思われます。

審査が通った後は大丈夫と油断せず、定期見直しがある事を念頭に新しい借入をセーブする様にしてください。

このページの先頭へ