税金滞納していてもビジネスローンは使える?納税資金にできる?

税金滞納しているから、その情報でビジネスローン審査は落ちてしまうのではと心配していないでしょうか。

税金を滞納していたとしても、ビジネスローンを組むことは可能です。

カードローンで借りて、納税資金を手にして税金滞納を解消しましょう。

・税金滞納は信用情報機関に関係ない

税金滞納自体は信用情報機関に関係ありません。

滞納をしているからと言って、信用情報機関に事故情報として記録されている訳ではないのです。

ビジネスローンに申し込んでも、事業者側は税金滞納の事実に気づく事はまずありえません。

・ビジネスローンはノンバンク系に申し込む

税金滞納時のビジネスローン審査で不安なのは、審査で納税証明書の提出を求められる可能性がある点です。

銀行などのビジネスローンでは、ノンバンク系より納税証明書を必要とする業者が多くなっています。

これは、銀行の審査は昔から自営業者に対して保守的であるからです。

銀行のビジネスローンは審査時間も長く、使い勝手も悪くなっています。

税金滞納時のビジネスローンはノンバンク系に頼るようにしてください。

税金滞納は早めに解消するようにしましょう。

税金滞納を続けて、税務署を敵に回すと今後の商売がやりにくくなります。

ノンバンク系のビジネスローンで借りれば、直ぐに借りられますし、納税資金に回す事も可能です。

税金未納などはこれからどんどん取り締まりが厳しくなります。払うものを払って、仕事に精を出してください。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ