クレジットカードのキャッシングの引き落とし返済、『引き落としの方が楽』と思うかもしれませんがこの返済には落とし穴があるのです。

クレジットカードをショッピングの為だけに利用している方は必要ではない情報かもしれませんが、いつか何かあった時の為にキャッシング枠を設けているのであれば、知っておいても損はないと思います。

クレジットカードのキャッシングの巧妙な落とし穴について解説します。

・クレジットカードでキャッシングをした場合の返済は?

消費者金融のキャッシングでの返済イメージは何となく思い付きますが、クレジットカードはどの様に返済するのかイメージできる人のほうが少ないのでは無いでしょうか?

クレジットカードのキャッシングを利用したときは、
◆ 一括払い

◆ リボ払い
と2つの返済額で引き落とし日に口座から引き落とされます。

自動引き落としなので、あらかじめ口座にお金をいれておかないといけません。

うっかり銀行口座にお金を入れておかないと、残高不足となり、未払いという扱いになります。そうなると延滞が発生するので忘れないようにしましょう。

クレジットカードとはいえ、キャッシングとなると借金ですから、通常のショッピングのローン返済とは内容が変わってきます。キャッシングですから、消費者金融の返済と大差ない扱いになってくるかもしれません。

・クレジットカードのキャッシング、利息発生はどのタイミング?

クレジットカードのキャッシング、利息の発生は普通のカードローンより特殊です。

例えばお金を借りて、次の日に返済できるようになったとしても、カード会社のリボ払いの引き落とし日にならないと返済はされません。

利息の計算は日割り計算ですから、余分なコストがかかってしまいます。

締め日の関係で引き落とし日まで時間がかかると、さらに余分な金利が発生するといった落とし穴にはまることもあるのです。

・引き落とし日がクレジットカード会社によって違う

皆さんはクレジットカードの締め日と引き落とし日を把握できていますか。

月末締めの翌月28日払いというカード会社が多いですが、カード会社によっては月末締め翌々月12日払いなど訳のわからないルールのこともあります。

月初に借りると引き落とし日が翌々月の12日、2ヶ月以上先になるのでうっかり忘れて銀行口座にお金が残らない事態になる事もありますので注意しなければいけません。

クレジットカードのキャッシングでは様々な落とし穴が仕掛けられています。

できる事なら専門のカードローン業者に申し込んだ方がいいでしょう。

このページの先頭へ