近頃では奨学金を利用したものの、返せないという人が増えてきました。

今回は奨学金が返せない時の対処法について紹介していきます。

○ 奨学金制度とは

大学へ進学となると、授業料や入学料などで大きな費用がかかります。

国公立大でも、初年度80万円ほどの費用が必要です。

私立大の医学部では、さらに大きな費用がかかりますが、経済的に余裕のないご家庭でも、進学を目指せるのが奨学金制度となります。

○ 奨学金の返済に困って自己破産

貸与型の奨学金では、当然ながら返済が必要です。

奨学金で借り入れを行った後は、就職してその給料から返済していくという流れになっていきます。

順調に給料を貰っている間であれば、特に奨学金の返済に困ることは少ないです。

しかし、何らかの都合で退職した場合、給料が貰えません。

貯蓄もない人の場合、奨学金の返済が困難なため、自己破産するケースが増えてきました。

しかし、自己破産した本人は奨学金の返済を免れても、保証人のもとへ請求が行くのです。

多くのケースで両親や親族が奨学金の保証人となります。

保証人も奨学金の返済ができず、自己破産の連鎖が起きているケースもあるのです。

○ 奨学金を返せない人の対処法

どうしても奨学金を返せない場合、自己破産ではなく他の手続きを選ぶという対処法があります。

しかし、任意整理の手続きを行っても、日本学生支援機構が減額に応じないことが多いです。

個人再生の手続きを選ぶと、今度は保証人に請求が行くため、迷惑がかかってしまいます。

そんな時は、減額返還制度を利用するという対処法が有効です。

減額返還制度を利用すると、毎月の返済額が少なくなります。

今迄通り、奨学金の返済を続けるより、楽になるのが減額返還制度です。

ただし、災害や傷病、経済的理由など、適用条件を満たさないと減額返還制度の利用はできません。

毎月の返済額は減るものの、返済じたいは続けることが必要です。

○ まとめ

多額の奨学金を借りると、働きながら返すのが難しいというケースが増えています。

非正規雇用が増えていることも、奨学金を返せないケースが増えている一因です。

奨学金を返せなくなったら、一人で悩まずに奨学金返還相談センターにて相談してみて下さい。

このページの先頭へ